<< メガーヌRSのならしに行ってきました・・・ | main | メガーヌRSの足回り交換 その2 >>

メガーヌRSの足回り交換 その1

放置プレイ状態です

お客様から「足どお?」と度々聞かれましたが
・・・
ずっと放置プレイでした

 
着けた感想を聞かれた際に
「まだ、つけてないというと
必ず「本当はつけたくないんでしょ
ブログでわかるよ
と言われる始末

ん〜
ただキャンバーを調整したいと思っただけなのに
随分と大事な部分をいじることになったなぁって
怯えているだけです
ノーマル足がいいと思っているだけに
自分で好みの設定にできるか超不安・・・

いつもはパーツ買ったら当日装着のイメージなのですが
パーツ買って1週間以上装着しないなんて初めてなので
まわりにそれが伝わっているのでしょうか
正直、9月の決算SALEで忙しいのもあるのですが
9月19日に走りに行こうと思っているので
それまでにはサス装着とアライメント調整はしないと

いい買い物させてもらったし
調整次第ではいい武器になるハズ


ということで
まずはフロントのサス交換から

撤去作業開始


さっぱりします

これでアッパー付近の下準備は終了

アッパー部分の下準備完了!

続いて

OILもこぼれちゃうとね・・・

サスを抜き差しするタイミングで
ミッションOILがこぼれてしまう場合があるので
念のため抜いちゃいます

次はイレギュラーな技?

あくまで目安ね!

足回りのキャンバーなんかを確かめる簡易的な武器
これでアバウトですが本番アライメントの際に
最小限の調整で作業が終わるように目星をつけます

目安になるかな?

普通はこういう使い方はせずに
車がタイヤを履いて地面に設置した状態で
使うものなので数値というよりは
傾いたかどうかのあくまで目安として今回は使用します

んでもって今回の目的であるキャンバー調整はコレで

これでキャンバー調整するんだけど・・・

ただ超不安なのが

穴ちっちゃ

装着後にこんな小さな穴で
調整なんてできないんじゃないの

というところ
不安です

とはいうものの

細かいこと気にせず外す

作業はススメます

減衰調整は便利!

んでもってドタバタと作業して仮組み完成

とりあえず装着してみる!

下から覗いてみたら

タイヤさえ外せば縮み側の減衰力も調整可!

タイヤ外してジャッキアップすれば
縮み側の減衰力調整も大丈夫そうです

ここまでくると
結果がどうあれ、たとえうまくいかなかったとしても
テンションも上がるし、覚悟もできます

OIL入ってないと洒落になりませんので・・・

で、今更ながら
そうだったっけと驚いたのが

フタが樹脂とは・・・

ミッションオイルのドレーンボルトが樹脂だったこと
かなりの割合でルノーは樹脂だったんですね
勉強させられます

とりあえずくっついたぞ!

とりあえず組みあがりました
組みあがったところで例のちょっといい加減チェック

適当だけど、そんな変わんねえや!

出荷状態で組んだのですが
特にえらいこっちゃにはならずキャンバーも元通り
では、いざキャンバーを

ではでは

・・・

こんな感じのやり方なのかな・・・

作業ホールが小さいので予想通り
キャンバーを付ける際には
ショックを止めているボルトを緩めて
サスペンションを動かしながらサスの調整ボルトを
緩めていく感じになってしまった

減衰調整もままならんか・・・

う〜ん
キャンバーつけると減衰力調整も付属の工具でできないな
ちょっと考えないと

結果的には

とりあえず塩梅はわかった

めいっぱい倒した状態で持ち込んで
本格的に四輪アライメントテスターで
調整していくことにしたほうが楽そうだ

ということで

チョロQだ(笑)

ちょっと時間の都合上フロントしか交換できなかったので
数日内にリアを交換してセッティング開始しないと
9/19のサーキット遊びに間に合わん
がんばらねば

posted by 天然パーマ
このページの先頭へ