<< メガーヌRS用にたくさん! | main | 5/16明日のお試しサーキットの準備 >>

漫画のような初体験


今朝、私、漫画みたいな初体験いたしました

というのは
普段、私は家を7時半ごろ出ます
今日は月曜でたまたま社員のお休みも多いというところから
少し早めに出発するつもりで玄関をでました

ところが、大事なマイカーに狂ったほど鳥のフンが・・・
完全に鳥糞パーティーです
「昨日私OO食べたんだ
「へ〜私はどこどこで△△食べたよ

なんて声が聞こえてきそうなほどの鳥糞コンプリート

どうして激しくコンプリートするかというと、
ご近所の雨戸の戸袋にもんのすごい数のヒヨドリ様が
この季節になると滞在します
その子達が非常にキレイ好きでご自宅ではなく
なぜか飛び立った直後の我が家をトイレと決めているようなのです

残念でなりません

んで、今朝、ついにこの季節が始まったか
落ち込みながらも冷静に
大切なマイカーがこんな状態では出勤できん
本当に酷いところだけ落とそうとした
その時

ワタクシのつむじに衝撃が!!!!!!!!



・・・




そうデス
本当に漫画のようなことはあるもので
鳥糞が私のつむじに乗っかったのです




正直、動けません
壮絶なアイテムゲットです

とりあえず、頭から大事なものを一滴も落とさず玄関に
奥様に状況を伝え、玄関からお風呂場までの道のりをクリアに
んでもってタオルで鳥糞ごと頭をおおってTシャツを脱いで
シャワーです
・・・正直ハラワタ煮えくり返ってます

とりあえず妻に
「君、ここに猟銃を持ってきてくれたまえ、これでも私は
学生の際に射撃で学生全日本十傑に入っていた男で
あだ名はゴルゴだった時もある
とにかくヤツを射殺したい
妻「・・・

妻「え〜っと、鉄砲はもう免許ないから持ってないでしょ
で、そんな頭に鳥糞乗っけてる人、見たことないから
きっとアナタ何かもってる側”の人だよ
「・・・


とりあえず遅刻しないで済んだからいいものの
かな〜り機嫌が悪うございます
鳥が近寄らなくなる木とか花とかあるそうなので
ちょっと対策してみようと思います
決して今日の帰りにエアガン買いに行ったりはしないです


以上、”何か持ってる人”の下らない初体験でした
posted by 天然パーマ
このページの先頭へ