<< ニュルブルックリンク出張5 | main | 7/10カングージャンボリーに参加してきました >>

『西の女王のルーテシアRSph1生活』vol.3

さてさて、あっと言う間に7月中旬になって参りました
連日猛暑という日が続いておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか

西の女王でございます

天然パーマーも無事にドイツのニュルブルックリンより帰還いたしまして
無事に日本のルノーイベントにも参戦を始めております今日このごろ…

さぁて(油を取り出し…手に塗ってみます…)
そうです…すっかり夏休みの宿題状態にまでなってまいりました
「ルーテシアRSph1生活」も第三弾目、前回の続きでございます

クラッチさんを降ろして、ミッションさんにはゆっくりとお暇をしていただいて…
角度を変えて、一枚画像をパチリと撮ります
 


……
………
…………
見れば見るほど、お腹はすっかりエグられまして、色々なコードは見えてるし…

前回よりすっかりバラバラになったルーテ…
何がなんだか解りません

ホントにタイヤはとっくのとうに撤去され、足周りも完全分解完了
ミッションも降ろされてしまい、本当に内臓が見えております



そんな中、Jr.さんに声をかけられて足元に転がる内臓達(部品)を見つめます




Jr.「これが、クラッチディスクだよ

私「ふーん…
とつぶやきつつじっと見ます

これが、「クラッチディスクが減る」という、そのものパーツだそうです
ほんと、この傷だらけになっているのが、今まで動力をタイヤに伝える為、がんばってくれたヤツでございます

これが、教習所で習った「あーーーーっ、クラッチが減るっ」と怒られたブツだったんですな…
教習所のオヂさん…やっとリカイしました…

Jr.「で、この地面にある茶色いハナビラみたいのが付いているのが、クラッチカバー
私「へぇーーーー

さぁて、
どうしましょう


ええ…勘のよろしい方はお気づきかもしれません…
まったく、サッパリ、わかりません
えーと…クラッチディスク…クラッチカバー…聞いた事はあるのですが??

ヤバイです。く、車業界に属して7年なのに、一体何の事やら…

Jr.「でー、これが、ベアリングだよ。左が新しいので、右が古い方」

私「へぇー…そうなんやぁ…」
そんな、生まれてすぐのプルプル足で歩くアタシは置いて、講義はすでに一歩前へ
ええ…先生は待ってはくれません。。。。。



どうやら、ベアリングというパーツの新しいモノ(左)、撤去したモノ(右)らしいのですが…


私「す、すんません……まったく全然わかりませんで…どういう???
と、ここでキブアップ

だって、まったく「わからへん」のキワミでございます。自然界なら食われている状況なんでしょう

Jr.「え…ああ〜…

どうやら、Dr.Jrの話では…
エンジンの動力をタイヤに伝える為、エンジンの力→クラッチディスク→ミッションとなるのですが…
力が伝わりっぱなしだと、ギアチェンジが出来ない為、ミッション内部にある機工が必要となったワケでして…

それがクラッチペダルを踏むと、
ベアリングに力が加わり、茶色いハナビラ(クラッチカバー)の中心部を押すそうです。

そうなると、アラ不思議。
茶色いハナビラがクラッチディスクから浮き上がり、「クラッチが切れた」という状況になる…との事。

うぉおおお
何とか解ったかも。。。。。。


皆さんは私の文体では絶対解らないような気がしますが…

必死に言われたコトを反芻するアタシの横で、


ゴソゴソゴソ…
Dr.Jr.は、さっさと作業を進めます…



おおおおおおおお
新しいクラッチディスクです…

ついに…「Dr.Jr.オペ最終章」が…ここにっ

あ。
題名変わっちゃった。

つづく

posted by 西の女王様
このページの先頭へ