<< もうすぐニュルブルクリンクに行くので準備を! | main | ご無沙汰しております >>

『西の女王のルーテシアRSph1生活』vol.2

さて、6月も入りまして少しずつ夏らしい空気の流れる今日この頃…
西の女王でございます
楽しかった連休も無事に通過をしまして、太陽の沈みもゆっくりとなっきて、日の長さが解りやすくなってまいりました
皆様お変わりございませんでしょうか

過ぎ去りました5月は、私もほんの少しだけ、世間のGWと同じ頃にお休みをいただけまして。
旦那とも久々に顔を会わせて参りました
犬は変わらず『えーと、どちらさんでしたっけ(数秒固まった後)あっ!というタイムラグがあったものの最終的には家族と認めていただいているようで…

もちろん、旦那ともちゃんと顔を会わせて、爽やかな笑顔で久々の再開を喜びます
お互い、お腹の中では『お…そういや、自分の伴侶はこういう顔だったなという確認をしていたであろうと思うのですが、ソコはソレ、お互い大人ですから
おだやかな時を過ごさせていただきました

…と、いうわけで、そんなこんなGW話はさて起きまして、
さぁて、 

そうです
GWも終わったんです

もう初夏と言ってもおかしく無い、気候の変化でございます

だもんで、
キーボードの上で錆付いた、アタシの手も、もう暖かいのでサクサク動くはず。

と、いうわけで
覚悟を決めまして、ルーテシアRSph1生活のプロローグを再開したいと思います

さてさて。

ゴロンと床に転がっております、タイヤ達と…ローター…そして
サブフレームです
 


ええ
ただいま、クランケは少々オペ中でございまして…
きっと車にお詳しい方だと、この画像の流れで何をされているかは、一目瞭然な方もいらっしゃるのではないかと思うのですが

どんなオペかと言いますと…
『んっと。このまま乗るのは、クラッチのトコロに付いてる、レリーズベアリング?から音が出ていて、クラッチも減ってるし…どうせなら交換した方がいいよ
という当店のメカニック、ジュニアさんからの診断でございまして

私『フーン…クラッチ操作がしづらいって事やんな?だから、クラッチを変えるって事なんだ…大変なんですか?』
と、何も考えず口走りましたトコロ

Jr.『うん。ミッション降ろすよ

私『……え?

ミッション降ろす????って?

いやいやいや。お仕事がらこんな事をクチバシっては絶対ダメなんでしょうが
『クラッチって、教習所でならった感じでは、減るという言葉を使う位だから簡単に交換可能』と思っていたんですが。。。

Jr.『なわけ無いじゃんクラッチはそんな簡単じゃないよ「クラッチが減ってる」って言っても、目視で見れるところに付いているワケじゃないよ。もっと内部だから…作業するならミッション降ろさないとできないよとの事…

なーんと…
この車業界に、裏口入学ルートで入ったに等しいとはいえ7年近く従事していながら、知りませんでした

…と、いうワケで、仕事の間で、ピットの横を通るたびに…




気が付けば、エンジンハンガーで内部の吊り下げをしないと、
支えが無いから内臓バラバラになるゾ、
エライコッチャになるところまで、どんどんバラリンな姿へと変貌を遂げていきます

そんなさ中、ふと、気が付きますと
何か、大きな具材がルーテシアのすぐ近くにあります


あら、こんな所にゴロンと内臓が…いえいえ

これが降ろしたミッションでございます

メカニックの皆様は全然普通にされる作業の一瞬なので、全然驚くトコロは一切無いかと思うのですが

ここまでバラバラにされている車を、営業職の私が見る事が出来るのはアマリありませんで…

…というワケで、少々降ろしたミッションさんにはお休みをいただきまして…



本番のクラッチさんを一旦摘出

すっかり、ガッサリ、スッキリ、クラッチを外しましたところでございます。
もう、ホント、空っぽってこういう事を言うんですよね

なんというか、ほんとビックリする位バラバラで…

……
………
………うん
まぁ、考えてはダメなんですが
すこーーーーーーしだけ、考えました

ええ、そうなんですよ
決して「Dr.ジュニア」の腕を信用していない事は、
全然まったく、コレっぽっちも無いんです
しょせん、アタシはド素人なんで…
でもね

声を、野太いながらも極小で語っちゃうんですが…
ちゃんと、乗れるようになんの???
posted by 西の女王様
このページの先頭へ