<< ゆっくり走ってみました^^ | main | 自分を追い込むために・・・ >>

6時間揺られて…

さてさて、月も替わりまして10月になって参りました
早いものでもう秋の香りが漂う日々がコレこのとおり…
皆様お変わりございませんでしょうか
西の女王でございます

さて、相も変わらず、知る人ぞ知る『単身赴任主婦生活』を送っております、今日この頃
早いもので来月で一年の月日が流れようとしております

だもんで、月に一度は主人の顔を見る為、大阪に行ったり、主人が東京に来たりと
『軽い遠距離恋愛』みたいな感じの逢瀬を繰り返しているのですが

その関係上、大阪に行くときにしか逢わない家族がおりまして…
そんな彼女を今回は主人が大阪から車を走らせ一緒に連れてきてくれました

今日はその彼女が主人公でございます
今年10歳になる愛犬のシーズー『ライ』でございます

ヘロヘロです
おや、いつもは10歳と言う年齢を感じさせず、常に全力で走ってきて…
お会いしたどの方からも『この犬…ガサやね…(ガサツだね)』と言われる落ち着きが全然ナイ犬なのですが。
なんだかちょっと大人しい…

ま、あたりまえか。
もう年齢も今年で10歳になるので、元気なうちに旅行でも…という動機から、大阪から東京へと拉致監禁移送という…

思い出作りというよりもコレはもしや『元気なうち』の時間を全力で短縮しているとかはナイですよね?という感がすこぉしあったのですが…
後程元気なヤツの姿があったので気づかないフリって方向で…

500キロ移動の道程を聞きましたところ、
どうやら大阪出発は夜8時頃からだったらしいのですが、出だしは
『どこいくの?楽しいとこ?なになになに?車で移動って楽しい〜♪』
と、ひたすら子供のように幸せだったらしいのですが…
さすが、6時間半車で揺られてきた効果は絶大でございますw

いつもなら、室内犬のシーズーという犬種らしく、ころびつつまろびつつ、監禁されてたキャリアーの中から飛び出し、床の上を『カシャカシャカシャ』滑りながら突進して来るのですが…

長時間の長旅はさすがに堪えたのか、私のマンション入りしましたのが午前2時ごろ
キャリアのフタを明け、登場した姿が一枚目の画像の通り

小さい声で『ハフゥ〜ンと軽く半ギレ気味な声を出して、電源OFFと言った感じでございました。
なんといいますか、挨拶ヌキで交わした言葉が『お疲れのご様子ででした。

ライ…どうぞ長く一緒に…ふぉーえヴぁーです…

そんな事を言いつつ数時間後、無事に電源OFF期間を乗り越えて
キャリアに再度入っていただき、トゥインゴRSで元気に近くの公園へとサンポに参りました
当然知らない車の中なので、ワクワクが全開
さすがに犬
数時間休んだだけで、タフさが復活
キャリアの中で既に『ガサツ感』満載

さて、犬がいてる公園で、海が見えて…ららぽーと豊洲の公園へとやって参りました

犬の世界にも『東の言葉』『西の言葉』があるのか解りませんが、とりあえず犬の声にはひたすら耳を傾けて、初めて見た海のニオイが珍しかったのか…
ずーーーーっと『くんくんくんくんくんくん…』吸いっぱなし

ああ…私も、最初東京に来た時ってそうだったような気が…空気から違うような気がしました
東京の公園は大きいです…

海沿いなので風が少々強めに吹いていて、耳やらシッポやらがパタパタなびいていましたが、
犬にとっても、ここは生まれたところから遠いところというのは解るようで…
周りの景色をずーっと見回し、鼻をヒクつかせておりました

そんな横で、長時間運転してくれた主人も
『東京はやっぱりスケールでかいなぁ』
多分もう複数回東京に来ていたはずと思うのですが、ライと同じく見たことない景色にしばらく見入っておりました

犬と共にココロはとっても初心な感じでございました

さて、その帰宅後
休みの都合上とはいえ…
ヘロヘロ犬の登場から19時間程した頃。
『さて、じゃあ晩御飯は何に…』
『あ、じゃ。ライ帰ろうか。オレ明日仕事やし』
『えーーーーーーーーーーー????』

再びキャリアに入り、大阪へと消えてゆきましたとさ
『顔を見たかった』と夫からの言葉で実現した500キロ移動でしたが、ココまでタイトなタイムスケジュールとは露知らず

ちなみに。
犬は確か10歳だから…人間に例えると推定50歳〜60歳…
確かタクのダンナは…40歳…
あと半年たったら41…おお…バカボンのパパと同じ年…

そして再び夜中の2時頃
『大阪着いた〜!ライがすげーーーーヘロヘロ〜』
無事にシニア?2人を乗せた車は帰宅したようで…
……ライ…達者で暮らせ。。。。。

posted by 西の女王様
このページの先頭へ