<< 静かで綺麗な子からうるさくて汚い子へ | main | 3月決算の為に?? >>

新しいV6ph1が入荷したので!!

0323_01

V6フェイズ1のスゴク程度の良い車両(ちなみに写真は違うV6です。)が
入ってきたので〜といったお題目に託けてまたまたV6ネタです。
今回はアンダーパネルという整流板のお話です。
V6には俗に言うスーパーカーというクルマたちにも装着されている
アンダーパネルが装着されてます。
それが凄くかっこ良いのです(^^)v
※画像をクリックすると、スライドショー表示いたします。

0323_02

アンダーパネルは整流板というその名の通りクルマの下を通る空気の流れを整流し、
空気の流速を早くして真空引きしてクルマをより一層地面に食いつかせたり、
空気の乱流によるクルマのバタつきを抑えたりしてくれる
とってもレーシーな部品です。


0323_03

昔、クルマ遊びしているときに自分の車の下を精一杯FRP板で覆って
整流板まがいのモノを作成したりしてました。
そんなパーツが純正で付いているなんてあらためて感動!!
それも車体下部の大半の部分が覆われているところがたまりません。
アンダーパネルについているNASAダクトもカッコ良いし、
(昔はそう呼んでいた気がする!NASAが開発したとか言われていた気がするんだけど・・・騙されてるかな(涙)間違っていたらごめんなさい。)
エンジン冷却に一役かっているのもGoodです。
こんな見えないところまでお気遣いありがとうございますって感じです。
(弱点はジャッキアップして整備って無理なの??ってところです。何をするにもリフトが必要な気がします。贅沢なクルマです。)


0323_04

余談ですが整流といえば、先輩たちの中には
スーパーの生鮮コーナーの加工工場にあるようなビニール暖簾を
クルマのバンパーやサイドステップ等にぐるっと一周する感じでビスで縫って、
前と後ろに25cm位の隙間を作って空気の流速を早めて真空引きをして
グリップを稼ぐという自家製エアロパーツを装着していたという話しを
聞いたことがあります。
かっこ良さなんかより速さを取りたいという
執念からの発想だったんじゃないかなぁって(^0^)


0323_05

追記:説明がわかりにくくてすんません。
イメージ的にはビニール暖簾をフロントリップやサイドステップ、
リアアンダースポイラーといった感じでイメージしていただければ幸いです。
そして前後のリップの最先端の部分を25cm位切り欠いて、
空気の通る道を作ってあげるのです。
そうするとクルマの下を通る風がその道に沿って勢いよく流れて
真空引きされるカタチとなってクルマが地面に吸い寄せられると
考えられていたんです。
今のF1とかのフォーミュラーカーを見ていると
フロントWINGなんてわけわかんないカタチしてますが、
そういう流体力学の最先端がああいったカタチを具現化させることに
成功させているんでしょうね。

またまた長いしV6ネタですみません(。。;)
posted by 天然パーマ
このページの先頭へ