<< 自分を追い込むために・・・ | main | 天パのフランス危行2010 「パリ到着」編 >>

関西の町をフラっとね♪

さて
なんだか急に肌寒い朝夕になってまいりました
秋も深まり始めた今日この頃…
皆様お変わりございませんでしょうか?

天然パーマ氏も無事におフランスより戻りまして、恐ろしい程の殺人的激務に追われているのを、隣の机でながめつつ…

私『あの…』
天『なに?』
私『えーと、えーっとぉ…フランスの話はどうなってる…』
天『はー…ふー…はー…ふー(ラマーズ法的な深呼吸中)』

……どうやら、臨月は山場のようでして…。
な、なんか、うまれそぉ??

…というワケで。

私西の女王が、天然パーマの『フランス紀行』を作成している間の時間稼ぎという事で…
いわゆるプロレスなんかで言います『前座』ってヤツでございますな

勝手にとっても僭越ながら…
書き溜めておりました大阪夏休み編をUPしたいと思います

すっかり通り過ぎた季節の中でのお話なので、
おお〜そういや『残暑厳しい折』ってあったなぁ〜ナツカシーーッ…と
暖かい目で見ていただけましたら幸いでございます

では〜はじまりはじまり〜22年8月半ばな話です↓

早いものでもう世間ではお盆休みが完了して、夏休みも折り返し地点を通過した頃になってまいりました
皆様お変わりございませんでしょうか?

8月9日関西に帰省をさせていただきました西の女王でございます
日が少し経ちましたが、本日はその『お盆休み』の事を書き綴りたいと思います

主人と休みを併せての帰省の関係上、2日間だけが夫婦一緒の夏休みになるのですが、まぁお互いソロソロ顔も忘れている頃ですので、顔を思い出すのは十分な時間となりました

そう…よく考えましたら二日間…短い時間でございます
主人にしてみれば、約一ヶ月、優しい妻に会えなかったんです
そりゃもーきっと会いたいと思っているハズです
一体どんな楽しい時間が待っているのでしょう…
彼の得意な『プラン作り』の力が今ここで発揮されるタイミングなはず…

私『で、…どこ行きます?』

夫『どこでもいいよ』

ま、そんなモンですわな

と、いうわけで新大阪から適当に車を動かす事になったのですが、さすがお盆休みという事もあり、
梅田方向にはビタ一ミリ車がすすまぬという大渋滞
一ヶ月会っていなかった結婚10年の夫婦の優しい雰囲気も、
段々と関西人らしい『いらち満載』へと変貌しつつの車内空気になってまいります
※『いらち』=イライラする。イライラしやすい人。ってな意味でございます。

そんな『間違った夏の熱さ』は嫌スギです☆

そんな中、大阪府の新御堂筋から取りました一枚の写真…

いざ、外出へ…

見慣れました大阪市内方面に視野を向けてみますと…
写真にもありますが、右端に写ります建物が目に止まりまして
大阪にあります新名所の梅田スカイビルが遠くのかすみがかった空に浮かんでおりました。

私『…なんか…スカイビルでも行ってみる…?』
夫『ああ、いいよ』

おや。珍しい

昔からデートスポットと言われるトコロはあまり好きではない夫だったのですが
今回は短い夫婦の時間を大切にしようと思ってくれた様子で…

なんとか『素敵な夏の暑さ』になりそうです

やって参りました☆ 

車の鼻先を大阪の中津方面に向けまして
そのまま大阪の名所になります『大阪スカイビル』へと到着しました

ただひとつ全くノープランで動いているというのが気がかりではありますが…

さすがスカイビル、空に近い建物という事もあり
灼熱の太陽が素で振り注いでいる感じです

でもきっとビルの中は涼しいはず…

スーパースターです♪

早くビルの中へ…と入り口にたどり着きましたら…なんと先日まで東京で開催してました、マイケルジャクソンの公式展が開催されているでは無いですか


ついに入り口です☆

夫『そうそう!これこれ見たかってん〜』
私『え?』
聞けば、マイケルジャクソンが好きな夫は事前にイベントがあるのをチェックしていたようで。

でも私が特にファンでは無かったので、『一緒に行こう』というエントリー外だったとの事

というわけで、夫と共に彼の大好きなマイケルジャクソン展を見て参りました


ネバーランドへ…


入り口はよくテレビで見ました、カリフォルニアのサンタバーバラにありました
ネバーランドのゲートが観客達を向かえます

私は詳しく知らなかったのですが、東京で公開された際のゲートは一部だけの展示だったそうで、ここ大阪では、ゲート上部のクラウンや黒大理石のゲートも完全な形で再現されておりました
ファンに取ったら『あ〜完全な形が見れる♪』と嬉しい状況のようで

エスカレーターを登ると…

ネバーランドのゲートに別れを告げて、ビルの中へと入ります
エスカレーターを登り、会場に入る手前で…
マイケル・ジャクソンのジャクソン5時代のポスターが、お出迎え

ここからは写真を撮る事はかなわず、会場の中ではマイケル・ジャクソンがコンサートで使用した、ガラスをちりばめた手袋や、スリラーのミュージックビデオで使われた小道具の数々…
すごく大きな蜘蛛のオブジェがあったりして…

年齢層を関係なく、あまりそんなファンなワケでは…と言う方であったとしても、大体の方が『ああ、これ見たことあるぅ』と言う声を出したくなる品々がそこにはありました

会場自体はさほど大きいと思える程ではなかったのですが、会場自体は二つに分かれていて、生前の使われていたロールスロイスが飾ってあったりと、大物の展示物もあり、時刻を忘れる程見とれるものばかりでございました

お盆休みとはいえ、この日はまだ8月9日の平日でしたに…来場された人数は結構多くて、
外国の方が、じっと思い出深く展示の品に見入っておられました

世界のスターのすばらしさを感じるひと時でございました

posted by 西の女王様
このページの先頭へ