<< 聖地に・・・・・・ | main | Tipo日本一周チャレンジランが25日(土)に来る >>

爆発系を見て参りました

さてさて、9月も半ばにさしかかって参りました。
残暑まだまだ厳しい折でございますが、皆様お変わりこざいませんでしょうか?

西から移住者でございます

キレイなものを見れる入り口です

 さて、本日は…
南青山にございます、とある芸術家様の方の美術記念館に行ってまいりました

やってまいりました

私が西の国に住んでおりました頃、家からすぐ近くに『千里万博記念公園』という、1970年に行われました、万国博覧会の跡地がそのまま記念公園になった所がありまして…
そこにあります有名なオブジェを作られました、その作者さんの『岡本太郎記念館』でございます

『岡本太郎さん』というと名言の『芸術は爆発だ』と言ったインパクト大な言葉を残された方だった覚えがあるのですが…
一体どんな記念館なのか、行ってみたいと思います

実は前回の南青山にありますミュシャの画廊『自在堂』さんを訪れた際、通りがかりに見つけました美術館でございます
なかなか『通りがかりに美術館』という流れも珍しいかと思いまして、
一瞬立ち止まりつつも意を決してやって参りました

見所いっぱいのお庭です

ゆるやかなエントラスの隣には…
早速個性豊かな作品たちがズラリでございます…

この美術館は岡本太郎さんの自宅を公開しました、アトリエ美術館となっておりまして…
受付にてチケットを受け取り、ゆっくりと2階の展示室へと階段を上ります
懐かしい後頭部が見えて参りました。。。。

懐かしい後頭部です

うわさの
大阪府吹田市の万博記念公園にあります『太陽の塔』の小さい版?です

来ました。

このオブジェ、先ほども書きましたが『千里万博公園』にありますオブジェなのですが
競技グラウンドがある大きな記念公園でしたので、近隣の方からすると何かイベントがあればここが使われる事が多く、親しみのある場所でございました

現に私もよく行ったところでして…
小学生の時には遠足へ
中学校の時にはクラブ活動の試合の場として…
高校生の時にはこれまた学校の体育祭の場として…

そして西の国にて車売りをしてました際には
会社行事の場として…

必ず共通して『翌日は最強筋肉痛&超日焼け』という
色々となぜか身体のギクシャク感も一緒に思い出す、深ぁい場所のシンボルでございます


余談はさておきまして、個性的な作品を拝見させていただいた後には
ついにアトリエでございます
キャンバスと絵の具の香りが立ち込めますアトリエに入りまして
当たり前なのですが『あ〜…リアルにここで作られていたんだなぁ』と空気の違いを感じました

作成室です

一階のこのお家のリビングとして活躍しておりましたであろう部屋には、岡本太郎氏のフィギュアと…ご夫婦それぞれの椅子に『私達はここで生活してましたよ』と
主張するかのように素敵な写真達がかざられております

リビングとしてのお部屋です


気が付けは美術館の空は夕暮れ時へと時刻を移しておりまして…

思わず受付の小さなグッズストアで『気になる彼女』を購入しておりました


ピンバッチ♪

七宝焼き…?というのでしょうか
可愛らしいピンバッチで出来た関西人の心をくすぐってくれる一品でしたので手に入れました
パンフたちです♪

今回は夕方の遅い時間の訪れになってしまったので、カフェに入り損ねてしまいました
↑岡本太郎記念館の戦利品達です

又ゆっくりと、関西を思い出したい時に訪れたいと思います

私の相棒です♪

posted by 西の女王様
このページの先頭へ