<< 一身上の都合により.... | main | 「カングー クルール」が!!! >>

ショーの余波でマイカーにカーボン加工!


ショーに行った際のやりとりで
急遽、ルノー東京有明のイメージに合うかどうかは
わかりませんが、とりあえず実験台は
マイカーに選ばれ、かつ自腹で決定です

カーボン化!


 
現物は思った以上に良く出来ていて
取り扱いが決定
「質感が良い上に、塗装よりも軽い
これが一番の内容です

今後は既に装着済みのパーツや内外装部品にはもちろん
オプションパーツやなんかにも多用されそう

昔のドライヤーで炙って貼っていく様な
仕上げが微妙なカーボンフィルムとは違って
高価で施工も技術が必要ですが仕上がりは

とりあえずは施工状況を

まずは施工箇所を脱脂してきれいにします
次にシートが切れ目無く溝に入るために
ルーフとピラーのつなぎ目のカバーを丁寧に取り除きます

まずはカバー外し!


そして最終的な仕上げの事も考えて養生も
丁寧にしていくことになります
丁寧に養生します!

ぐるりと一周


ここまではめっちゃ速い作業です
ここで寸法をあたり、シートをつないだりしないで
済むようにしたり、目の向きを考えているみたいです

次は実際に切断したシートの位置決め
ちょ〜大事な作業なんでしょう
若干笑顔が消えての作業
上にのせてスタート!


そして今度は実際に貼っていく作業
実は精密動きと筋肉全開仕事!


ものスゴク正確さを要する作業なのですが、
予想に反してものすごくチカラを使ってます
強力な粘着剤の付いたシートを馴染ませるように
貼っては剥がし、貼っては剥がしの繰り返しで
みるみるシートとBODYの間の空気が

見ていて
「せっかく上手く貼れてるのに、何で剥がすの
って思ったのですが、これがコツなんでしょう
作業している最中にさらっと言った
「器用な人なら皆、出来るんじゃないかな
の言葉と笑顔に経験自信が含まれている気がしました

作業工賃って自分が車屋をやる前は「何でもたけぇ〜」って
思っていたけど、自分で車をいじって同じ作業をしてみると
「お金もらってもちょっと・・・」と思ったり
「高額でもしょうがないよなぁ〜」って
勝手に納得したりするようになったのですが、
今回のこの作業は作業が単純な様に見えて
目の前で作業してもらった自分は
「自分では上手くいかんなと自信をもってしまった
それにこのシートがかなり高額で
失敗が許されないのも嫌だ


さて、
完成です
きちんと溝にも巻き込んでCUT!!


きちんと回り込ませるようにシートが張り込まれていて
びっくりする位、自然になっています
個人的にはすごく良いのではないかと思います

ちなみに施工前と施工後をくらべてみましょう
加工前

加工後


どうでしょう?
アリじゃないですか?
意匠的にも良くないかな?

個人的にはただ真っ黒に染めたMona●oGP仕様よりも
雰囲気が出とるのではないかと思ってしまってます
ちょっと言いすぎですが、気になる常連さんは見に来て
そんな悪くないと思うんだけど

ちなみにびっくりしたのは
この加工、小キズがついた場合なんかは
細かいコンパウンドで丁寧に磨くと落ちるんです
下の写真の左右で違うのってわかります?
右半分が磨き及びコーティング済み


コレは左側が通常で、右側が白いカスが出ないWAXで
コーティングして艶を出したんですって
完全にBODYと同じ感覚です
ちなみに洗うのは普通にカーシャンプーでOKで
ふき取りも本当に普通に出来ます


正直、
施工する前はカーボンのシートなんて張っても
所詮は偽物だしシール貼ってる感じなんでしょ
って感じだったんですが、こりゃいい感じです
実験台のつもりだったんですが個人的には正解です
重量がほとんど増さないということで
塗装の代わりにと加工オファーが
レーシングチームから来たり、
自転車への加工もしているみたいで
意外と増える加工なのかも

※ルノー東京有明では施工依頼を
今後、受けていく予定ですのでこうご期待!
施工受付の開始は当社HPのカスタマイズパーツと
トピックスを注意してご覧下さい!



個人的には速くならない部品は
あんましって思っていたのに
今さらながら速くならないCOUPEに乗ったことで
カーボンシートやLEDなどなど、
あんがいと見てなかった部分が見えておもろい
雰囲気も変わってちょっと楽しいです
一応、3年以内なら道具を揃えて、すごく頑張れば
シートは剥がせるようなのでもうちっとお金がたまったら
一発、全身カーボンにしてプロトタイプみたいにして
遊んでみたくなってます
せっかくのCOUPEなのに〜って思ってくれてる方、
わたくし方向性が間違ってますが、
きちんと元に戻せるので


あと、こんなんも出来るんだって
こういったのも出来るみたい!


誰か、ルノーマークで試す
勇気あるチャレンジャーはいないか

posted by 天然パーマ
このページの先頭へ