<< 深夜の群集 | main | 運転する楽しさを再認識しました >>

とある水の国へ…

 さてさて、すっかりと久しぶりになってしまいましたがブログ更新をさせていただきます
西の女王でございます

早いものでGWは光のような速さで過ぎまして…
世間はもう平常の流れをとりもどしつつ、皆様連休でゆるんだ体を仕事や学校で
がんばってたたき起こしている事かと思います。

だもんで、GWの楽しかった日々を記そうかと思ったのですが、
連休明けのリハビリいえいえ、コホン…

今回は気分を変えて私のGWではない、
平常のお休みの事でも記してみようかなと思います。

少しずつ関西人のセンサーを働かせつつ、
関東での行動範囲を広げようとしておりますアタクシ

今回行って参りましたのは
以前記しました美術館と共に好きなトコロでございます

それは…
sea paradise YOKOHAMA HAKKEIJIMA

ついに…入り口です♪

 そう『魚』でございます

大阪府では『海遊館』
兵庫県では『須磨水族館』『城之崎マリンワールド』
和歌山県では『和歌山アドベンチャーワールド』
三重県では『鳥羽水族館』『二見シーパラダイス』など等…

関西にいた頃は、雨天決行可能な遊び場所として、
水の中にいる、涼しげな彼らをよく眺めに出向いておりました

今回は横浜への所要ついでに、本当に思いつきで訪れてみました

駐車場にLUTECIAを入れて、穏やかに日が傾きつつある海沿いをゆっくり歩いて
長い橋を渡って、『AQAMUSEAM』に到着

平日の夕方ともあって人はまばらながら静かに穴場的な感じで、水の中の彼らを見入る事ができました。

その、穏やかな人の流れからか…

氷の国動物達コーナーにいる皇帝ペンギンが
彼ら側から見た…
「動く物体」の私が珍しかったのか、ペタペタ歩いて目の前で、ポージングW

仕事中〜♪

関西にも負けないサービス精神ですW

そういえば大阪の海遊館のペンギンは、ジッと動きを止めて目を細めて…( ̄_ ̄)

水槽の天井から、演出のためと気温調整の為と思われるのですが
わりと大きな氷の粒がバラバラ降り注いでまして
たまたま私が見かけた時だけと思うのですが
数匹が必ず修行僧のように頭から、氷の塊をバラバラ浴びて

必ず近くにいる子供が親に『あれ…痛くないん?』と率直な意見を述べていたのが思い出されます。

そんな事を思い出していましたら…

さて。一仕事終えたゾ♪

あれ?(・ ・;)

軽くポーズを決めましたら、『今日の仕事はこれでオワリ』と頭を下げて…
仲間達が固まっているトコロへとペタペタ去っていかれました

さてさて…次にいてるのは何だっけ…と
周りを何気なく見渡しましたら…

……すれ違うのは甘い雰囲気のカップルが妙に多い…W
なんといいますか『あ〜あんな頃あったあった…』と言いたくなる程羨ましい話です


そんな中、関西のテレビでも割りとクローズアップしてました

アクアチューブが見えてきました。

大きな水槽の中をエスカレーターを通して、
水面から入る光のきらめきが、海中から空を見上げるような錯覚を起こします

水中から空は見えるのでしょうか?

多分誰かと一緒なら関西弁で
『すごっ!!ちょっとみてみてっ!!これキレイちゃうん?!』

…と、間違い無く騒いでいたと思われるのですが…
さすがにもうすぐ30代も半ばの私
ぐっと堪えて、落ち着いたフリを大人の女で通しますW

そんな横を、イワシの大群が光を反射させて、息をつかせない自然のステンドグラスを演出します。

やがてエスカレータは、次のフロアに到着して…
なんとなく海の底を思わせる明るさのフロアを歩きます。

そんな薄暗い中から…聞こえてきましたのは、可愛らしい子供の声
お父さんとお母さんに
『騒がないの!静かにっ!シーッ!』と怒られつつも
子供達の歓声を欲しいままにしておりましたのが…

忙しそうなニモ達ですW

ディズニーのアニメにも出てきました。
『ニモ』こと『カクレクマノミ』

当たり前なのですがアニメとは違って…
イソギンチャクの中を忙しそうに出回っておりました

するするとイソギンチャクの触手を流しつつ
頭を突っ込んだり、体を震わせたり…
子供たちの
『ニモだ〜っ!!』の声も気にせず
元気に動いておりました

外に出るともう外はすっかり日が落ちて…
春の空気と潮風がまざって…
穏やかに水族館と私のお休みの一日は過ぎていきました

いつもお世話になってる鍵です♪

画像はいつもお世話になっているLUTECIAのメインキーとHAKKEJIMAのパンフレット
さてさて、次はドコに行ってみようかね

posted by 西の女王様
このページの先頭へ