<< 濃いルノーは目に毒・・・ | main | 春はそこまで!!! >>

OIL交換のついで

 
OIL交換はマメにやりましょう!

先日のOIL交換の際に車を持ち上げると不満が・・・


マフラーが煎餅・・・
マフラーが煎餅布団だった・・・
ちょっとどうにかしたいけどお金もかかるので
まずは後回しにします

エンジンルームを見ているとエアクリが汚れているのではないかと
気になりだしたのでクリーニング
はずしている間に形状などなど不満がいっぱい
低速トルクが少し減っても高速域での回転のツキを
重視したくなってきて裸のエアクリに交換を決意!
部品なんかは当然発売されていないので
スーパーオートバックスに行って
「日産だから付くんじゃないのぉ
ブリッツのS15シルビア用のエアクリを購入

こんなん買ってみました!

日産だから付くじゃろ!

さっそく取り付け開始

2秒で無改造取り付け不可を判断・・・
「日産だからエアのホーシングなんて径は皆一緒じゃないの?」
って考え方は全く持ってアホでした
フランジ改造&作成は頭にありましたが
本当に若干の差ですがホースは入りません

穴にパイプが通らん

おたのしみタイムです

ヤスリだね

ヤスリで力の限り削ります
ちなみにお客様のクルマの場合はもっとちゃんとやります
がっ
、あくまでメカではない私が
マイカーをいじる時に選択する工具は
技術よりも肉体を生かせる工具が最優先です

本当にあっという間に完成!
ナイス!ヤスリ!
フランジも穴加工が終了してエアフロに取付終了

先程のコイツを組み付けると

もとはコレですから

外したエアクリーナーBOX

随分とスッキリするはず

次は純正で付いていたエアインテークを生かして
ちょっと小僧っぽくファンネルなんかをエンジルームに
取り付けてみます
材料はコレ

おまけで購入!

ホースも少しそれっぽく延長しました

こんなん作成!

昔、「エアクリなんかいらねぇレスポンス命」って
エアクリレスの直吸いでクルマを何万kmも走らせていた
若かりし頃思い出します

こんなんでもよく走った

感傷にふけりながらホーシングと本体取り付けで小僧チックに完成です

こんな感じはどうです

エアクリーナーがこんだけ形状が違う

純正と随分大きさに差がある

次はエアクリケースに付いていた
「エンジンコンピュータ」を安定できる状態で固定します
振動が伝わりにくくしたり、熱の影響を考えて
固定するので結構大変かも

エンジンコンピューターが邪魔

ステンやスチールの板で何故かうま〜くいって完全固定が完成
せっかくのエアクリやダクトは完全に隠れましたが・・・

ステーをつくってカバーかけてお終い!

隠れたおかげでエンジンルーム開けても
手造り感が満載にならないで済んだかもしれません

仕上がりました!

変更前がコレなのであんまり見た目は変わんなかったかな

キッチリしてます

そんでもって乗った感じはというと
OILをASHのOILに換えたのでかなりエンジン振動は
減った感があります
NAだからよけいに感じることが出来るのか
回転フィーリングはかる〜くなりますね
オススメです
OIL交換予約の際にお申し付け下さい

エアクリーナーに関してはある程度回転が上がっている時に
踏み返すと随分とレスポンスが良くなりました
スタート時のフィーリングは
すこ〜し「ガフッ」と息継ぎしてるかも知れません
どっちをとるかは本人次第ということで
私にはあってるかもしれない
外から聞いてるとお店の前を通過した際には
「排気音より吸気音が大きくて
COUPEとは思えんキャブ車のような音がしてたよ

BESTです



・・・ルーテシアRSもやっちゃるか
 
posted by 天然パーマ
このページの先頭へ