<< 駐車場 | main | 注目のハンガリーGP >>

カーボンパーツの凄み

カーボンボンネットが眩しいR26.R

ルノー東京有明にて、大好評特別展示中のメガーヌR26.R。
やっぱり目を引くのは、ドライカーボンのボンネットです。
この部品一つで、迫力ある凄味を感じることができます。

カーボンパーツと言えば、こんなパーツもありました。
ホンモノのカーボンパネルをセンターコンソールに・・・

メガーヌのセンターコンソールのフェイスパネルです。
良く見て下さい。
ホンモノのカーボン製のパネルです・・・。

これはメガーヌRS Ph.1の最終型として限定発売された「トロフィー」に装着されていたパーツです。
この部分をホンモノのカーボンで作ってしまうのって、なんだかスゴイですよね。 
以前、この部品代を調べたら、その金額にとても驚かされたのが忘れられません。
R26.Rにも再び採用されると思っていたのですが、装着されませんでした。

R26.Rのようなモデルを開発してしまう凄さと、意味も無いような部分にカーボンを奢ってしまう遊び心・・・。
ルノーってやっぱり素晴らしい♪
posted by ベガス
このページの先頭へ