<< 最近のプチ贅沢!! | main | 夏期のテーマ >>

twingoの生活その2

仕事終わりの後、twingoを眺めていると、ふとどうしようもない衝動にかられてしまいました。
やはり、14万kmの走行車両です、タイミングベルトがどうしても気になってきちゃいました。
こうなるとどうしようもありませんこの時点で工具を持っていました、時間は、午後9時をまわっており、帰宅時間が遅くなりそうです。
タイミングケースを開けてみると、パッと見ベルトは、外見上問題ありませんでしたが、やはり気になります。

タイミングベルトがどうしても気になってきちゃいました


一度気になりだすと止まらなくなってしまう性格ですので交換することにしました。突然、思いついた事なので当然、交換部品を用意しているわけでもありませんし、しかも帰りのアシがなくなってしまうので、一度復帰し後日、タイミングベルトとウォーターポンプを用意することにしました。
部品が入荷したので仕事がひと段落ついたこの日、いよいよ作業に取り掛かります。明日は定休日ですので少し遅くなっても頑張れそうです。時刻は午後8時過ぎになり、スタッフも帰り始めています。一応はメカニックですのでスムーズに進めば午後11時頃には、終わると思いますので今日中には、TWINGOで帰れるとふんでいます。
久しぶりにちょっとした整備になりますのでワクワクしています。

約30分位でタイミングベルトは外れました


約30分位でタイミングベルトは外れました。よ〜く見ると少しヒビが入り始めていました。(やっぱり交換して正解でした楽しい
次はウォーターポンプの交換ですがこちらは少し時間が掛かりそうです。でも、14万km走行車両です、タイミングベルトとセットで交換しておくと安心できますので頑張っちゃいます。
A/Cコンプレッサーやその他のブラケット類を外し、やっとウォーターポンプが外れました。

やっとウォーターポンプが外れました


ポンプ取付面をキレイにして液体ガスケットを塗布していよいよ復帰に入ります。少し時間が掛かって現在、午後10時前です(このままでは、午前様になってしまいます)慎重に尚且つ急いで作業を進めポンプ及びベルトをやっと組み上げる事ができ、午後11時過ぎいよいよ冷却水を入れようと思った時、
ふと気がつきました
液体ガスケットでポンプをシーリングしている事を!

つまりこの時点で冷却水を入れエンジンを始動させてしまうと、もしかしたら水漏れしてしまう可能性があるかもし ない!
この時間にこんなオチがあるなんて我ながら恥ずかしい。

結局、今日は、涙目  になりながら、社有車を借り皮肉にもほぼ当初の予定通り自宅に帰ることにしました。

翌朝、定休日なのに、会社に来て、エンジンを掛け、水漏れチェックし無事、愛車に乗って帰りました。楽しい

ん?クラッチは大丈夫かな〜。
posted by 親方
このページの先頭へ