<< 天パのフランス奇行 「パリ到着&パリサロンまでの道中」編 | main | 天パのフランス奇行 「パリサロン」編 >>

たまには真面目にお勉強・・・

道の駅もてぎにて

福島へ行った翌日、睡眠時間約2時間というハードスケジュールで再び東北道を北上して、栃木県のツインリンクもてぎへ行って参りました。自動車
なにをしに行ったのかと言うと・・・。聞き耳を立てる
資料を見ながら・・・

新世代ディーゼルエンジンの勉強会に参加して参りました。ペン
午前中は配られた資料を片手に・・・。見る

まじめに座学を受けています!

真面目に座学を受けました。拍手
BOSCH社及び日産の方を講師に、新世代クリーンディーゼルの概要や技術を中心に、モータージャーナリストの伏木悦郎氏や河口まなぶ氏のヨーロッパでの試乗体験報告など、予想以上に充実した内容で、睡魔もすっかり吹っ飛んでしまいました。グッド

午後は南コースで試乗大会

午後は会場を南コースへ移し、待ちに待った大試乗会です。チョキ

ドリキン土屋圭市氏が!

南コースでは、あの土屋圭市氏が他車のインプレッション取材を受けており・・・。聞き耳を立てる

ドリフト走行もできちゃうんです

我々ディーゼル講習参加者のために、こんな大サービスを。びっくり

新世代ディーゼルの面々

今回試乗車として用意されたのは・・・。
・BMW 535d
・Audi A4 Cabriolet Quattro Tdi
・Mercedes-Benz E320 CDI Stationwagon
・HONDA CIVIC 5door 2.2 i-CTDi
・MITSUBISHI PAJERO 3.2 Di-D
・NISSAN X-TRAIL 20GT dCi
以上の6車種でした。
この中にルノーがいないのが寂しいですね。悲しい

実はこの車種の中で、ドイツ車グループは既に何度も乗っておりました。
東京有明に所属する前の勤務先で取り扱ったことのある車種でしたので、
正直、これと言うほどの新鮮味はありませんでした・・・。しょんぼり
シビックは今回の車種の中では、最軽量だったので小気味良く走ってくれるのが印象的でしたが、装着されているRECAROシートとシフトポジションの関係が、ベガス好みでは無かったので、印象はあまり良くありません。冷や汗
パジェロは大きすぎて・・・。バッド

と、いうわけで個人的に期待していたのは!ラブ

ルノーエンジン搭載なのです

日産のX-TRAILです。びっくり
X-TRAIL自体には、申し訳ないのですが全く興味がございません。怒り
しかし、このクルマはルノー製の「M9R」というディーゼルエンジンが搭載されているのです!ラブラブ

見覚えのあるオイルフィラーキャップ

このオイルフィラーキャップ、見覚えがありませんか〜?見る
フランス語が書いてあるからルノーっぽいのではなく、ルノーのエンジンに用いられるフィラーキャップそのものです!!!ときめき

そしてシフトノブが・・・

そして、シフトノブをよ〜く、見て下さい。見る
ノブの下にはプルリング。
そうです、リバースギアに入れるために引き上げなくてはいけない、あの独特のリングが付いているじゃないですか!!!拍手
しかもシフトパターンは・・・。冷や汗

ちょっと撮影失敗ですが、シフトパターンです

左上がリバースギアとなる、ちょっと前までのルノーの王道パターン!!!びっくり
思わず、ニヤリとしてしまったのは会場内で私だけだったでしょう。楽しい

dCi

試乗した感じは、とてもルノーっぽくて乗った瞬間に安心できる仕上がりでした。
でも、見える景色が「日産車」なんですよね・・・。怒り
しか〜し!
コイツに乗ったおかげで、来年日本で発売される「コレオス」に対してかなり期待が上がりました!!!上向き

ルノーのディーゼルエンジン搭載車を何車種か乗ったことがありますが、どれもトルクフルで乗りやすいのに、更に好燃費なんです。びっくり日本市場にも頑張って投入すれば、ディーゼルに対するイメージ、そしてルノーに対するイメージって変わるんですけどね。怒り

そのコレオスの試乗記は近日中に、フランスで体験してきた天然パーマ氏がアップすると思いますので乞うご期待です!!!ラブラブ
posted by ベガス
このページの先頭へ