<< MATSURIっていうか・・・ | main | 試乗コースの1つをご紹介!! >>

いよいよ日本GP!

Alonso

今年は優勝どころか表彰台も厳しいと思っていた我がRENAULT F1 TEAMでしたが、先日のシンガポールGPでなんと今季初優勝!!!拍手
さすがアロンソ!ありがとう!!!ときめき
観戦に行かれていた当店のお客様もいらっしゃって、なんとも羨ましい限りです。桜
そして、いいモチベーションのまま、いよいよ今週末、金曜日から日本GPが開幕ですね!楽しい
と、いうわけで日本GP開催直前で、鋭意準備中の富士スピードウェイに潜入してまいりました!見る
本日のFSWの気候は・・・

本日の富士スピードウェイの気候はこんな感じでした。曇り
さすがに山の気候だけあって、風が肌寒くフリースを着込んで行って大正解。グッド

パドック裏に到着

パドック裏に到着すると、早速ING RENAULT F1 TEAMのカラーが目に留まります。ときめき

まだ開封されていない荷物もいっぱい

よく見ると、未開封の梱包もまだまだあるようです。びっくり

タイヤ運搬中

そして目の前をタイヤ運搬中のクルーが通り過ぎます。冷や汗

フォークリフトでも運びます

フォークリフトも使って、どんどん運んでいきます。

物品輸送用のケース

フォークリフトが通過した後、目に留まったのは物品輸送用のケースです。
樹脂製のため、大きさの割に軽量なこのケース・・・。

きちんとナンバリングされています

きちんとナンバリングされ、何が何処に入っているのか判りやすくなっています。
膨大な量の物品を輸送するF1サーカスならではの工夫ですね。拍手

開封後はこのように折りたたんで重ねておきます

開封後はこのように折りたたんで重ねることにより、空間も節約できるようになっているのですね〜。びっくり
効率重視のルノーチームならではです。

ピットロードもお化粧中

さて、続いてピット見学に行ってみます。見る
通常木曜日の午前中に抽選で当選しなければ参加できないピットウォークですが、今日はまだまだ準備中。ピットロードもお化粧の真っ最中。

このような型紙を使います

このような型紙を使い、ステンシルで文字や模様の大枠を塗った後に手作業で仕上げていくという段取りです。結構手間がかかっています。

INGのライオンがお出迎え

ルノーチームのピットへ向かうと、INGのライオンがお出迎えです!

アロンソ用のノーズコーン

アロンソ用のノーズコーンがこのように置かれています。このまま持ち帰りたくなってしまいます・・・。楽しい

ピット内はマシン組立の真最中

ピット内はマシン組み立ての真っ最中です!怒り
エンジンやミッションをマシンに組み込む最も大事な作業を終え、各部のチェックを繰り返しているため、クルーは慌ただしく動き回っています。てれちゃう

こちらはピケJr.のマシン

一方、こちらはピケJr.のマシン。
アロンソのマシンほど、まだ慌ただしい動きにはなっていないみたいですね。楽しい

ピットウォールのコントロールセンター

ピットウォールのコントロールセンターは、まだ設営しただけという状態。よく見ると、ブリアトーレ達が座る椅子もぶら下がったままです。冷や汗

1コーナーのスタンドの角度はこういう状態に

ピットロードを出口まで歩いていくと、1コーナーのスタンドが目に入ります。昨年は上部の仮設部分の角度が悪く、1コーナーへの進入が全く見えなくてバッド返金騒ぎが起きていましたが、今年は問題なく観戦できる角度になっているようです。グッド

そのまま歩き続けて・・・

ピットロードを出て、そのまま歩き続けて・・・。びっくり

1コーナー外側から

1コーナーの外側からコースを眺めちゃいます。ときめき

2コーナー方向はこんな眺めです

1コーナーを抜けて、2コーナーから先の眺めはこんな感じです。昨年は予選、決勝とも雨だったために、3コーナー方向は霧に霞んで見えなかったようです・・・。悲しい

1コーナー内側の縁石

1コーナー内側の縁石は思っていた以上に段差が。1コーナースタンドから見るとここまで段差があるとは思いませんでした。びっくり

ピットロード出口側の路面

1コーナー見学を終えピットロードに戻って行くと、路面がものすごくうねっているのに気がつきました!冷や汗
どうしてこんなことになっているのかというと・・・聞き耳を立てる

ホームストレート部分は1コーナーに向けて下り傾斜になっていますが、ピットガレージ部分はピット作業をするために水平を保った路面になっているので、ピットレーン出口に向かってホームストレートの傾斜にいきなり合わせてしまうと、ピットロード出口がとんでもない下り傾斜になってしまうために、このような路面にしているということです。びっくり

ルノーチームのパドックテント

さて、次はルノーチームのパドックテント訪問です。ときめき
ヨーロッパラウンドでは、巨大なモーターホームが設営されますが、日本ではこのように各チームがテントを設営して、スタッフのランチやゲストに備えています。

週末の記者会見スケジュール

入口には週末の記者会見スケジュールが貼られています。見る

テント内でチームクルーはリラックスムード

テント内でチームクルーはリラックスムードで歓談しています。明日以降は戦場となるでしょうから、束の間の休息なのかもしれませんね。グッド

ドライバー専用ルームのドア

ラウンジの奥にはドライバー専用ルームが。びっくり
ドアに付けられたネームプレートを見るだけで興奮してしまいます!怒り

こちらはブリアトーレの執務室

こちらはブリアトーレの執務室。
ちょっと中を覗かせて貰いましょう。見る

シンプルな室内にビックリ!

予想外のシンプルさにビックリ!!!びっくり
もっともココに彼がいる時間はそんなに長くないのかもしれません。

そうやって色々なところを見ていると、ドライバーズルームから用具担当のクルーが出てきて・・・。

アロンソのヘルメットとHANSです

な、な、な、なんとアロンソのヘルメットとHANSを持ってきてくれました!!!びっくりマル秘

まだ磨かれる前なのでリアルです!

まだ磨かれる前なので、シンガポールでの今季初優勝へのプロセスが感じられてとてもリアルです!グッド

本物はやはり鳥肌モノです

本物はやはり鳥肌モノです。ハート大小
こんな間近であんな大事なモノを拝むことができるとは思ってもいなかったので感動してしまいました。ラブ

楽しい一日でした!!!

そんなわけで、気がつくとすっかり日も暮れてしまいましたが本当に充実して楽しい一日でした。グッド
ベガスは決勝を現地観戦できませんが、現地に行かれる方も、テレビ観戦の方も、皆様ルノーチームを応援してください!!!拍手
posted by ベガス
このページの先頭へ